MENU

閉塞性動脈硬化症のリハビリは?

スポンサーリンク

「閉塞性動脈硬化症」という病気があります。
こちらは動脈硬化が原因となっているのですが、ランクによって症状がことなります。
4段階に症状が分けれれているのですが、

1. 足にしびれ、痛み、冷え性のような症状を感じる。
2. 歩くとしびれや痛みが発生し、少し休憩を挟むとまた歩くことが出来る
3. 体を休めている場合でも足にしびれといっった症状を感じる
4. 足がむくみ、変色により壊死する。

このように症状があるのですが、基本的にこの閉塞性動脈硬化症のリハビリというのは食事と運動によるものになります。
まずリハビリに入る前にこの症状ランクにもより内容は変わるのですが、このリハビリで一番の弊害となるのが「喫煙」になります。
血行と血管の状態の改善にとって一番の害をもたらすもので、大きく妨げになってしまいます。
他にも、こちらも症状により異なるのですが、足を清潔な状態に保つようにしてください。
特に症状が重い方ですと、ちょっとした傷口から最近が入り込み膿みや壊死を起こす原因になりますので気を付けてください。
また足を怪我している、深爪をしてしまった場合など血流の関係で治りが非常に遅いので普段から足をきれいに保つようにしてください。
そして、血流の妨げとなる、長時間の立ち作業や状態、正座といった血流の流れを止めてしまうような体制を取ることは避けるようにしてください。

スポンサーリンク

ランク1の方ですと、動脈硬化の危険因子を減らす事、薬物治療を取り入れる。
※ランク1の状態で気づかれて病院に行かれる方は実際さほど多くないようです。

 

ランク2 薬物治療の他に運動を取り入れて、血流をよくする生活に取り組んでいく。

 

ランク3 血行をよくするための運動を積極的に生活に落とし込んでいく。

 

ランク4 血液の流れをよくするための運動を日々行う。これが不可能な場合ですと絵師をしている場合は切断、可能であれば、血管新生療法を取り入れる。

 

 食事に関しては、栄養バランスのとれた食事の日々の摂取と脂肪やコレステロールを多く含む料理、塩分摂取の多い料理を避けるようにして、血管の症状の悪化を阻止します。
運動ですが、この閉塞性動脈硬化症は「歩行」が大事になってきます。
血管が狭くなたり詰まったりすることで血液の流れが悪くなるので、無理のない距離を歩行することが大事になります。
また1日30分位の歩行を3回に分けて行うのが理想です。
1週間に3日は、歩行が出来るようにしてください。
冬など寒い場合ですと、足の血管が収縮してしまうので逆影響になるので、20度以上の室内で行なってください。また足を冷やさないようにしてください。

スポンサーリンク