MENU

動脈硬化は治らないの?

スポンサーリンク

動脈硬化を発症した方は動脈硬化は治らないと考えている方多くいらっしゃいます。
また糖尿病や高血圧を持病としてお持ちのかたで動脈硬化を発症している方にもそのように治らないというイメージを持っている方がいらっしゃいます。
動脈効果というのは他の記事でも書いてありますが、完全に治ると言うことはありません。
年齢を重ねる度に血管も老化が進んでいくためです。
そのため症状の改善と共にアンチエイジング、血管年齢を若いままで保つ必要があります。
そうすれば、動脈硬化から遠ざかった生活を送ることが可能になっていきます。
動脈硬化というのは、文字通り、血管が固くなることで症状があらわれます。
動脈の内側に脂肪が酸化したものが付着して、蓄積することで、血管の壁が変化していくというものです。
動脈硬化が進行すると、血管のつまりや血管の破裂が発生します。
そのため動脈硬化というのは、命に関わる病気につながりやすいです。
主に心筋梗塞、脳卒中といった命を落とす病気や、後遺症に繋がるおそれがある病気につながりやすいです。スポンサーリンク

はじめに記載をしていますが、動脈硬化というのは老化現象なので、だれもが個人差はあれど、動脈硬化になるリスクを持っています。
しかしながら動脈硬化は生活習慣と食生活をも治すことで、リスク自体を大きく下げることが出来ます。
アンチエイジングといっても子供のように柔らかい血管の状態に戻すことはまず無理です。
しかし、動脈硬化により発生する循環器や脳神経に関わる病気のリスクから遠ざかるレベルまで血管の状態を戻すことは出来ます。
病院では薬を使用することがありますが、やはり見直すのは個人の生活になってきます。

運動と食事です。
運動自体は激しい運動をするわけではなく有酸素運動と呼ばれるような運動、簡単にいえば散歩やウォーキングを生活のなかに取り入れていくことをおこなってください。
可能ならば毎日が理想なのですが最低でも週に3回は行うようにしてください。
食事関しては薄味で、野菜、魚をメインにした料理に切り替えていくと症状は一気に改善に進んでいきます。
何事も始めなければ改善につながりませんので、気持ちを切り替えて症状改善に努めていきましょう。

スポンサーリンク