MENU

大動脈弁狭窄症と動脈硬化の関係は?

スポンサーリンク

今回は「大動脈弁狭窄症」について説明をしたいと思います。
この大動脈弁狭窄症というのは、心臓から全身に血液を送り出す大動脈の弁の部分がうまく開かなくなる病気です。
動脈硬化との関係があるといわれており、患者さんが今後増加すると言われている病気でもあります。
手術を行うことで、症状を治すことが出来るのですが、放置をすれば、症状が進行していき、命を落とすケースに至ることもありますので早期の発見と治療が大事ですね。
まずこの大動脈辺ですが、心臓の左心室と大動脈の堺に位置した場所にあります。
親族が縮まった際には弁が開いて血液を送り出して、逆に親族が拡ると、弁が閉じて血液の逆流を防ぐ役割をになっています。

スポンサーリンク

この大事な役割をしている弁に動脈硬化の症状である血管の硬化や血栓による固着、プラークといった症状が表れると弁の動きを妨げることになります。
これにより大動脈弁狭窄症になっていきます。
例えるとホースで花などに水をまいた経験がお有りだとおもいますが、水を遠くに飛ばす際に先の部分を潰して遠くに飛ばした経験があると思います。
これと同じようなげんりなのですが、さきを潰すことで、ホースないの圧力が掛かります。
(この場合は左心室になります。)人間の体というのはこの圧力に耐えようとしてホースと違い壁を厚くしていってしまいます。
そのためだんだんと心臓の負担が大きくなってしまい心不全に至ってしまうということがあります。
 主な症状は動悸、息切れ、疲れやすさや呼吸困難、また胸の痛みがはっせいします。
しかしながらこの症状もいきなり来るわけではなく、ゆっくりと進行をしていくために、
体自身がこの状態に気づかずはっけんが遅れることがよくあります。
また症状があっても年齢的に妥当だという意識が働き病院に行くのが遅れてしまうケースもあります。
また、運動をした場合に、脳への血流が減少してしまい、気が遠くなったとか失神してしまうといったケースがあります。
このような場合には早期に病院での検査が必要となります。
検査としてはエコー検査と心臓の音がだいたいになります。
弁の開閉が悪いと血流が悪くなるために、その音が雑音として聞こえます。
またエコー検査を行うことで心臓の状態と狭窄の度合いを知ることができます。
 治療方法は薬で症状を緩和したり進行を抑えたりするもの、症状によっては人工弁に取り替えるといった事があります。

また心臓の病気ということで心配や不安が多いかたもいらしゃると思いますが、この病気の手術のリスクというのは5%に満たない程度で済むので、早期の治療を行うようにしてください。

スポンサーリンク