MENU

動脈硬化になぜストレッチは効果があるの?

スポンサーリンク

動脈硬化というと文字道理ですが、血管が固くなる病気です。
これは年齢にともない年々、おこることで完全に止めることは出来ません。
しかしながら、ちょっとしたことで、この血管の老化を遅らせることができます。
また血管のアンチエイジングとして若返りを行うことが出来ます。
動脈硬化改善で日頃取り入れてもらいたいことは、食生活の改善と運動です。
しかし、なかなか一度、動脈硬化になると運動することが億劫になったり、場合によっては体調を壊すことがあります。
またお勤めをされているかたですと、なかなか時間を割くことができないと言うことがあると思います。
こういった背景の為に、動脈硬化の進行がなかなかとまらず悪化してしまうと言うことがあります。
そこで誰でも出来る事としてストレッチがあります。
ストレッチであれば、屋内でも出来るし、時間もさほど必要としない、激しい運動をしないと言うことで、注目を浴びています。スポンサーリンク

動脈硬化の原因というのは、コラーゲンと糖分と言われています。
言い換えると、脂質と炭水化物ですよね!
これは日常で摂取を控えるというのはなかなか難しいといえます。
またこの二つを省いた食事というのもやり方を間違えると体調を崩したり栄養不足の原因になりかねません。
ストレッチを取り入れることで、体に吸収されてたまった脂肪(コラーゲン)が傷づくことになります。
そうすると、繊維芽細胞がこの傷ついた脂肪を処理して新しい細胞と入れ替えると言うことを行います。

糖分が混ざった脂質というのは固くなります。
これが血管に詰まったりと、動脈硬化を促進させる材料になります。
これをストレッチを行うことで、固くなった脂質を処理して、柔らかい通常の細胞と入れ替えてくれるという事です。
ある統計では体を動かす人、ヨガやストレッチと体がや若い人というのは、体が硬い人に比べ血管の年齢が若いという結果が出ているようです。
たかがストレッチと考えている方は今からでも遅くはないので、ストレッチを日常の生活で5分でもいいので取り入れてみるといいと思います。

スポンサーリンク